理学系の分野に転職を行うためには、毎日、自分の時間を費やして学習を行っていかなければなりません。

私は転職したのですが後悔はしておりません
私は転職したのですが後悔はしておりません

転職を行うために必要なこと。

理学系の分野に転職を行う予定ですが、ひとつの分野の知識を身に付けるのに、かなりの時間を費やしました。日常からかけ離れた分野を仕事にするためには、自分から積極的に技術を学び、それに費やす時間を増やしていかねければなりません。人の気持ちを考える、自分の気持ちを考える、日常的に使うお金の流れ、オペレーティングシステムの使用方法、これらは使用する、使用される側のことを考えて作られているため、頭に入りやすいのですが、数字を使って制御する、文字を使う、理論を組み立てて物理的に動作するようにする、これらの作業は物好きと言われるくらいでないとできません。

資格試験を受けるたびに、頭を鈍器で殴られたような感覚になりますが、紙に印字されている文字をひたすら眺め、技術に関する知識を頭に入れていくことの負担がどれほど重いのが理解しました。現場で実務を行い、身につけた知識ではないので、どうしても軽く見られがちですが、時間を無駄にしない、スピード勝負を行っていかなければ、とても現場を経験している技術者に叶うわけはありません。私が叶えたいことは、理工学の分野は、未経験者であっても、才能のある人が積極的に入ることができるか、ということを見極めることです。

Copyright (C)2017私は転職したのですが後悔はしておりません.All rights reserved.