転職の面接で気をつけることを分かりやすくまとめました。特に志望動機をはっきり言うことが大切です。

私は転職したのですが後悔はしておりません
私は転職したのですが後悔はしておりません

転職の面接で気をつけること

転職の時は面接を受けなければなりません。面接が転職の山場と言えるでしょう。面接に成功したら、新しい職場に入れる可能性が非常に高くなります。面接の時は志望動機をたずねられます。この時には、ありきたりの志望動機を言わないようにしましょう。例えば、御社の実績に感心して応募しましたと言うような志望動機は避けた方が無難です。これまでの自分の経験や実績を新しい会社でどのように生かせるかということを志望動機の中心にしてください。自分が未経験の業種だったら、志望動機の言い方は難しくなります。しかし、どんな仕事もある程度のつながりを持っています。例えば、薬品の営業の仕事をしていた方だったら、その仕事の経験が別の業種の仕事に役立つことがあります。未経験の業種と自分のこれまでの仕事の接点を出来るだけ見つけて、面接の時に話すようにしましょう。

どの企業も即戦力として働ける人を求めています。20代や30代前半の方だったら、教育や研修を行ってくれるところもあるでしょうが、それより上の世代の方の場合は、新しい職場に入ったら、すぐに仕事をしていかなければなりません。面接では自分が即戦力として働けることもアピールしましょう。

Copyright (C)2017私は転職したのですが後悔はしておりません.All rights reserved.